ロープウェイ案内

バリアフリー対応
  • パンフレット
  • 安全対策
  • 八ヶ岳登山情報
  • ピラタス蓼科スノーリゾート
  • facebook
100人乗りロープウェイで空中散歩

北八ヶ岳ロープウェイは、100人乗りの大型ロープウェイで、標高1,771mの山麓(さんろく)駅から標高2,237mの山頂駅まで約7分間で行く空中散歩をお楽しみいただけます。
山頂駅には自然が造り出した芸術『坪庭』が広がり、1周30分ほどの散策路には、自然そのままの高山植物が季節毎に咲き、訪れる方々を魅了します。
また、ロープウェイを利用することによって、北八ヶ岳周辺の登山が容易になり、特にロープウェイ山頂駅からの『北横岳』登山ルートは、年代を問わずに大変人気があります。観光や登山、トレッキングに是非ご利用ください。

ロープウェイのご利用料金

種別 一般 普通団体
(20~100人)
普通団体
(101人以上)
学生団体
(20~100人)
学生団体
(101人以上)

おとな

(中学生以上

往復 ¥1,900 ¥1,700 ¥1,600 ¥1,600 ¥1,500
片道 ¥1,000 ¥900 ¥850 ¥850 ¥800

こども

(小学生)

往復 ¥950 ¥850 ¥800 ¥800 ¥750
片道 ¥500 ¥450 ¥420 ¥420 ¥400

※お支払いは現金のみとなります、施設内でのクレジットカード利用は出来ませんのでご注意下さい。

※How to pay is limited to only cash. We can't accept payment by credit card and so on. Please understand in advance.

※こども料金は小学生が対象です。おとな料金は中学生より(12歳以上)となります。
※小学生未満のお子様は保護者同伴にて、保護者1名につき未就学のお子様2名が無料でご乗車いただけます。
※障がい者割引制度があります。乗車券購入時に「障がい者手帳」の提示をお願い致します。(本人のみ約半額)
必ずロープウェイチケット購入時にご申請ください。乗車開始後の料金の割引には応じられませんのでご注意ください。
※山頂駅からの坪庭散策路は、砂利・土の自然の状態です、車椅子・ベビーカーでのご移動(散策)は出来ません。

ロープウェイの運行時間と出発間隔

運行時間 4/23~7/29 7/30~8/28 8/29~10/30 10/31~4/2
平日 8:40 - 16:40 8:00 - 17:00 8:40 - 16:40 9:00 - 16:00
土/日/祝日 8:20 - 17:00 8:00 - 17:00 8:20 - 17:00 9:00 - 16:00
○運転間隔は通常20分間隔(混雑時は10分間隔)で運行しております。【営業時間内の毎時 00分/20分/40分に発車】
○乗車時間は約7分間です。
上記運行時間は予告なく変更する場合があります。
○ロープウェイ最終便での往復乗車はできません。最終の1つ前の発車が往復便の最終となります。
○宿泊予定のある入山の際には後日の運行についてご確認ください。
○最終便に乗り遅れた際、お客様の各損失などに当方は一切の責任を負いません。
○ロープウェイは当日の気象条件などにより予告なく運休または営業時間を変更する場合があります。お出かけの際には必ず当日の運行状況をご確認くださいませ。

団体でご来場予定のお客様へ

20名様以上の団体でロープウェイご乗車の場合、ご予定時間をお伺いしております。時間指定でのご乗車は、当日の混雑状況や到着時間の変動などにより変更していただく場合がございます。(到着順でのご乗車となります)。また、貸し切り・占有には応じることができませんのでご了承ください。
100名様を超える場合、臨時便の増発によりスムーズにご乗車いただけますが、気象条件により減速運行の際などには若干お待ちいただく場合がございますので予めご了承くださいませ。

(時間指定でのご連絡を頂いた場合でも、到着順でご乗車頂きます、お時間には余裕を持った行程をお願い申し上げます。)

◆お取り扱い可能な船車券◆
全旅、JTB、クラブツーリズム、読売旅行、名鉄、KNT、Nツアー、阪急交通、はとバス、TABIX、JR各社、TOPツアー、日本旅行、京王観光、アルピコ観光、小田急トラベル、朝日旅行、富士急トラベル、三交旅行、相鉄観光、会津バス、中日旅行会、各銀行クーポン など(敬称略・順不同)

ロープウェイの運休計画表

【2016年 運休日(予定)】
・4月4日(月)~ 4月22日(金) 終日運休予定

・11月14日(月)~ 12月9日(金) 終日運休予定

※4月・11月の運休日は、整備内容により変動する場合があります。
※運休日は、いずれも機械設備の定期点検および整備日です。

ペットの乗車など乗車に関する注意事項

  • ロープウェイ搬器内へは危険物の持ち込みはできません。
  • ベビーカーのご利用はご遠慮下さい。
  • ペット(犬・ねこ等)の乗車はできません。(盲導犬・介助犬を除く)
  • 虫取り網、虫かごの持ち込みは出来ません。

◆どうしてペットは乗れないの?◆

北八ヶ岳ロープウェイ周辺は、国定公園に指定されており、豊かな自然と多くの野生動物が生息し、貴重な植物が自生しています。 特に山頂坪庭周辺は、第一種国定公園特別保護地域に指定されており、周辺よりさらに厳しい保護環境下にあります。 ペットが立ち入り禁止区域内に入って踏み荒らしをしたり、植物を傷つけたり、坪庭内でノーリード散歩をする事例が後を絶たないため、ペットの立入は全てお断りしております。

ペットが直接山の動物を脅かさなくても下界の動物を山の中に入れることは、山の動植物に影響を与える事例がございます。また、ペットも自然界の病気を持ち帰るなどの報告もございますので、どうかご理解ください。

◆徒歩で登られました場合でも、ペットは坪庭内へ立ち入ることは出来ません。

 

●ペットのお留守番場所を設置しました

  

 

 大きさは、横幅55cm 奥行き60cm 高さ43cm~77cm 全部で16頭がお留守番できる施設です。

 各個別ブースには鍵があり、申込み頂いた順で鍵をお貸ししておりますので、乗車券売り場にてお申し出下さい。

 ご利用条件は、当日ロープウェイの観光にお越しの方、利用時間は2~3時間以内を目安にして下さい。

 ※御予約は承っておりません、先着順でのお貸し出しとなります、利用に際しては飼い主様のにおいの付いたタオルなど

  お持ち頂ければわんちゃんも安心しますので是非ご持参下さい。

 

 その他利用条件、規約は下記の通りです。

 

1 当「ペットお留守番ハウス」はワンちゃん専用施設であり、同意書における記載事項を了承し、同意書にサインを頂ける方のみ当  施設をご利用いただくことができます。

2 当施設は、北八ヶ岳ロープウェイをご利用のお客様のために、ワンちゃんがお留守番する為のお部屋を提供するものであり、  ワンちゃんをお預かりするものではございませんので、お客様ご自身において管理をしていただきます。(食事・排泄物・散  歩など含めすべて)万一、当施設のご利用によりワンちゃんが不測の事故に遭われましても当北八ヶ岳リゾートは一切の責任を負  いかねます。また、当敷地内で発生したトラブル、事故、ワンちゃんに起因するお客様同士のトラブル、ご帰宅後の発病等に関し  ましても同様に責任を負いかねます。

3 当ペットハウスのご利用は以下の項目に該当するワンちゃんに限定させていただきます。
   (1) 生後1年以上の室内犬である。
   (2) 基本的な2つのしつけがなされている。①トイレのしつけ ②無駄吠えをせずに留守番できる。
   (3) ワンちゃんは病気治療中ではなく、健康状態は良好であり、伝染病にかかっていない。
   (4) ワンちゃんは、発情期、生理中、妊娠状態ではない。
   (5) ワンちゃんは、狂犬病の予防接種と、必ず5種以上の混合ワクチンの予防接種がされている。
   (6) ワンちゃんは、ノミ、ダニ、寄生虫などが駆除されている。

4 当ペットハウスのご利用は原則として北八ヶ岳ロープウェイの営業時間内、夏期は8:00~17:00 
  冬季は9:00~16:00迄とします。夜間のお預かりは一切いたしません。

5 ワンちゃんに起因して弊社または第三者が損害を被った場合損害を賠償していただきます。

6 施設内の備品を壊してしまったり、ゲージの鍵を紛失した場合は直ちにお申し出ください。
  原状回復費用については実費にて請求させていただきます。

北八ヶ岳ロープウェイについて

北八ヶ岳ロープウェイは、長野県のほぼ中央に位置する八ヶ岳連峰の中で、比較的に穏やかな山容と言われる北八ヶ岳エリアの中にあり、北横岳(標高2,472m)と縞枯山(標高2,403m)の鞍部(山と山の間のくぼんでいるところ)にかかるロープウェイです。
出発する山麓(さんろく)駅の標高は1,771m、向かう山頂駅の標高は2,237m。その標高差は466m、総延長2,215mを結んでおります。100人乗りロープウェイは通年運行しており、夏期は観光や登山、ハイキングのお客様、冬期はスキー、スノーボードのお客様で賑わっており、四季を通じて多くのお客様に親しまれております。
ロープウェイの開業は、1967年(昭和42年)7月より運行を開始し、当時は県営企業として発足致しました。その後、民間へ引き継ぎ(第三セクタとして)現在に至ります。ロープウェイ創業当時「蓼科温泉スキー場」としてスキー場、レストランなどを運営していた会社は、その後「日本ピラタス観光」となり、横岳ロープウェイと日本ピラタス観光が合併し、「株式会社ピラタス蓼科ロープウェイ」としてロープウェイおよびスキー場、レストランなどを運営。2012年4月1日に名称が変わり、会社名は「北八ヶ岳リゾート」に、施設名は「北八ヶ岳ロープウェイ」になりました。


ページの上部へ